洗顔

脂性肌の方は熱めのお湯(38度くらい)で、乾燥肌の方はホントにぬるいお湯がいいそうです。お水ではなんかあんまりのいた気がしないような気がして、私はホントにぬるいお湯でクレンジングも洗顔もしています。
@洗顔する前に軽くぬるま湯で顔を洗う
A泡を十分立てる。(野球ボール1個分を目安に)
B顔に泡を乗せたら、薬指の第二関節で小さく円を書きながらくるくるやさしく洗顔。この方法ですと、肌に摩擦が起こらないですし、負担もかからないんだそうです(なるべく1cm以上動かさないようにして洗うともっと効果的。)
C泡を洗う時はすこし冷たいなと思う程度の水で片方ずつ肌をやさしく包み込むようにおさえるように水をかける。
一気にやると息が苦しくなり、急いで洗ってしまい、この際も肌に摩擦が起こってしまうためです。
D水をタオルで拭くときも注意。やさしく押さえ込むようにします。なるべくこのときは、拭くのではなく吸うのだと考えるのがいいと思います。

ちなみにダブル洗顔でもこの方法で最後は水で洗い流してください
この方法で洗顔すると、水も弾く&突っ張りません。
正めんどくさがって違う方法でやったりすると、やはり肌に負担がかかるため、最後突っ張りがでてきてしまいます。
時間がかかりますが、根気良く続ける事でシミなどもだんだん薄くなりますし若返ります。

やっぱり汚れを落とす時には、ぬるま湯の方が毛穴が開いてちゃんと落ちてくれそうだし、最後に水で引き締めるといいんじゃないかな‥と‥。
先日TVに出ていた方は(40歳台ぐらいの方でスッピンですごく肌が綺麗でした)水を使用するとおっしゃっていました。
(洗顔の際は薬指の第一関節のみの部分を使って泡を乗せた肌をクルクル洗い、流す際には、顔の半分をまず流し、残りの半分、というようにするそうです

Copyright (C) 美容情報 All Rights Reserved.